品質評価試験

プラスミド残存試験

iPS細胞より抽出したゲノムDNAを鋳型として、各プラスミド上の外来遺伝子を増幅する定量PCRを行い、iPS細胞に残存するプラスミドの有無を調べます。 プラスミドコピー数は、内在遺伝子であるFbx15遺伝子5.0x104コピー以上に相当するゲノムDNAに含まれるコピー数として算出します。

特色
  • エピソーマルベクター(pCE-hSK, pCE-hUL, pCE-hOCT3/4, pCE-mp53DD, pCXB-EBNA1)を用いて
    樹立したiPS細胞に対応
  • 7つのターゲット因子(KLF4、SOX2、MYCL1、LIN28A、Trp53DD、OCT3/4、EBNA1)を検出可能※

    ※検出可能コピー数:10コピー以上

解析結果(例)
検体 継代数 pCE-hSK pCE-hUL pCE-mp53DD pCE-hOCT3/4 全ての
プラスミドに搭載
SOX2 KLF4 MYCL1 LIN28A Trp53DD OCT3/4 EBNA1
Sample 1 7 N/D N/D N/D 0.019 N/D N/D N/D
Sample 2 10 N/D N/D N/D N/D N/D N/D N/D
検体 Sample 1 Sample 2
継代数 7 10
pCE-hSK SOX2 N/D N/D
KLF4 N/D N/D
pCE-hUL MYCL1 N/D 0.019
LIN28A N/D N/D
pCE-mp53DD Trp53DD N/D N/D
pCE-hOCT3/4 OCT3/4 N/D N/D
全てのプラスミドに搭載 EBNA1 N/D N/D

N/Dは検出されなかったことを示す。
一部のサンプルについて数値を記載しているが、いずれも定量限界以下の値であった。
本結果は、分化誘導後の解析結果と併せて総合的に判断すること。

納品物
  • 生データ(edsファイル)
  • 解析結果(エクセルファイル)
  • (信頼性保証およびGMP対応の場合)解析報告書
サンプル条件
サンプル DNAもしくは細胞ペレット
DNA量※ 5 μg
濃度・必要量 50 ng/μL 以上で100 μL 以上
もしくは20 ng/μL 以上で250 μL以上
溶媒 TE、DDW等
(事前にお知らせください)

※サンプルの定量は分光光度計で行っております。
もし他の種類の機器で測定される場合、測定機器名をお知らせ下さい。

ご依頼の際は「試験内容確認書」をご準備頂き、メールでお問い合わせください。

宛先:promotion-g*cira-foundation.or.jpお手数ですがメール送信の際 * を@に変えてください。

pdfプラスミド残存試験「試験内容確認書」ダウンロード