iPS細胞ストックの細胞(HLAホモドナー)

HLAホモドナー由来iPS細胞ストック

HLAホモドナー由来iPS細胞とは

HLA-A、HLA-B、HLA-DRをいずれもホモ接合体にもつ、健康なボランティアの方にご協力頂き、ご提供いただいた末梢血あるいは臍帯血に含まれる細胞から作製したiPS細胞です。

利点

日本国内で頻度の高いHLA型の方から順にiPS細胞を作製しています。これまでにHLA型で4種類、7名の方にご協力いただき、27株のiPS細胞を提供しており、全体で日本人の約40%をカバーすることができると考えられます。様々なiPS細胞の中から、HLA型や分化能、性別など、疾患や患者さんに合わせてよりよい細胞を選択することができます。すでに臨床研究や治験にて使用された実績のある細胞株もあります。

課題

現状では日本人の約40%をカバーしていますが、HLA型が合わない場合は上記の利点を活かすことができません。

用語解説

HLA:ヒト白血球型抗原(Human Leukocyte Antigen; HLA)。ヒトの細胞で自己かそうではないかを見分ける目印のようなタンパク質の総称です。白血球以外にも様々な細胞で存在しており、組み合わせは数万通りにもなります。大きくクラスI〜IIIに分けられ、特にクラスIにあるHLA-A、HLA-B、HLA-Cは細胞を移植したときの拒絶反応に大きく影響します。

価格(税抜き)

1. 当財団が直接の提供元である場合

サービス 価格
iPS細胞ストック提供 研究用株 5万円/本
臨床用株 10万円/本
ストック由来
iPS細胞セルバンク提供
10万円/本
(ICH-Q5A試験済み)

2. 当財団外で保有されているiPS細胞ストックを使用される場合

サービス 価格
iPS細胞ストック
委員会審査料
5万円/審査*
詳細はこちらをご参照ください

※非営利機関には無償で提供しています。

※ストック・バンク使用にあたっては、ストック委員会の承認が必要です。

※当財団のiPS細胞ストックを利用して製品を開発する場合は、こちらをご参照ください。

現在提供しているiPS細胞株の一覧

由来 ドナーID クローンID HLA頻度順位
末梢血 QHJI QHJI 01s01 1
QHJI 01s04
QHJI 14s03
QHJI 14s04
RWMH RWMH 09s01 2
RWMH 15s01
RWMH 15s02
RWMH 23s01
DRXT DRXT 18s02 3
DRXT 18s03
DRXT 28s04
DRXT 28s05
DRXT 28s17
RJWI RJWI s03 4
さい帯血 YZWJ YZWJ s513 1
YZWJ s516
YZWJ s524
YZWJ s527
YZWJ s531
ILCL ILCL s14 1
ILCL s21
ILCL s23
ILCL s31
GLKV GLKV s09 2
GLKV s13
GLKV s16
GLKV s31